[ストラスブール71]

三連覇を懸けた第58回ツール・ド・フランス。

1971年のツアーではスタート前から大方の予想はメルクスが黄色のジャージに身を包むと見られていた。 しかし、実際にはスペインの選手ルイス・オカーニャが制するようなレースシーンも多く、一時はメルクスも追い抜かれるという激闘を見せた。

激闘は第2ステージから始まっていた。土砂降りと追い風の吹き荒れるレースコンディションのなか集団はストラスブールへ向けてスタート。 この嵐に耐え抜いた有力選手らのなかにメルクスはいたものの、有望な選手らに追い抜かれていった。しかし、そう簡単に終わるメルクスではなかった。 チームメイトのヘルマン・ファンスプリンヘルの活躍により順位を上げたメルクスはリスクの高い賭けにも関わらず、非常に滑りやすい路面に果敢に挑み、逆転勝利を収めた。 心臓破りのスプリントを仕掛けた結果、第58回の総合優勝はほぼ決した。 レース後メルクスは「一生懸命頑張ってくれたヘルマンのために絶対優勝したかったんだ」とチームメイトとの絆の強さを感じるコメントを残している。

「ストラスブール71」は第58回ツール・ド・フランスのハイライトだった第2ステージのゴール地が由来となっている。 バッドコンディションを物ともしないグラベルロードだ。

[DATA]1971年6月26日~7月11日/第58回ツール・ド・フランス/20ステージ/総距離3,608km/参加人数:130名(うち完走者94名)


[ストラスブール71]


アンスラサイト/ブラック/オレンジ
[105 DISC 完成車]

近年トレンドとなりつつあるグラベルロード。タイヤ幅は40Cまで対応し、舗装路・未舗装路を選ばない幅広く遊べるバイク。 ロードディスクのトレンドであるフラットマウント、スルーアクスルを備え走行性能にも妥協はない。

サイズ XS - S - M
フレーム(重量) 6069アルミトリプルバテット…1,280g
フォーク(重量) カーボンモノコック…390g(コラム:カーボン)
合計重量 1,670g
装着可能タイヤサイズ 40mm
ブレーキ フラットマウント
アクスル 12mmスルーアクスル
エンド幅 100mm(F)/142mm(R)
ヘッドセット 1-1/8”(上部) 1-1/2”(下部)
BB プレスフィット(BB86)
シートポスト φ27.2mm

Assembly List

105 DISC 完成車価格 280,000 (税抜)
フレーム
サイズ XS - S - M
フレーム Alloy 6069 TB
フォーク Carbon Monocoque
ホイール
ホイールセット DT Swiss R24 Spline
タイヤ Clement USH 32
グループセット
シフター Shimano ST-RS505
フロントディレーラー Shimano 105 FD-5800-F
リアディレーラー Shimano 105 RD-5800 GS 11S
クランクセット Shimano 105 FC-5800, 50-34T
ボトムブラケット Shimano BB-RS500PB
カセット Shimano 105 CS-5800 11-32T
チェーン Shimano CN-HG601-11
ペダル -
コンポーネント
サドル Prologo K3 STN
シートポスト Deda RS Zero
ハンドルバー Deda RHM Zero
ステム Deda Zero
ヘッドセット VP headset 1-1/8 / 1-1/2
グリップテープ Eddy Merkcx Grip Tape
ブレーキセット Shimano BR-4700
  • 仕様は予告なく変更となる場合がございます。

Pro Geometry

sizetopabcdefghijk reachstackcrankbarstem
XS 43574.014052110571.03954599142557770 36852817042080
S 44574.014653112471.53954599942558469 373546172.542090
M 47573.515654714472.039545100742659169 378567172.5440100
  • ハンドル寸法は<外-外>サイズです。
  • 画像はイメージのため、一部仕様と異なる場合があります。
ページの一番上へスクロールする