超人エディが残した不滅の勝利の数々

現役通算525勝。
ワンデイクラシックからグランツール、世界選手権、そしてアワーレコードまで
すべての自転車競技に勝ち尽くし、不滅の金字塔を打ち立てたエディメルクス。

  • 5 Tour de France - 34 stages

    ツール・ド・フランス
    総合優勝5回
    ステージ優勝34回

  • 5 Giro d’ Italia - 25 stages

    ジロ・デ・イタリア
    総合優勝5回
    ステージ優勝25回

  • 1 Vuelta - 6 stages

    ブエルタ・ア・エスパーニャ
    総合優勝1回
    ステージ優勝6回

  • Hour Record 49,421km

    アワーレコード 記録:49.421km

  • 3 World Championships

    世界選手権 優勝3回

  • 7 Milaan San Remo

    ミラノ~サンレモ 優勝7回

  • 5 Liege-Bastogne-Liege

    リエージュ~バストーニュ~リエージュ 優勝5回

  • 5 Paris-Roubaix

    パリ~ルーベ 優勝3回

  • 2 Tour of Flanders

    ツアーオブフランダース 優勝2回

  • 2 Tour of Lombardie

    ツアーオブロンバルディア 優勝3回

  • 2 Amstel Gold Race

    アムステル・ゴールドレース 優勝2回

  • Six Day Track Races

    6日間レース 優勝17回

エディ・メルクス。ベルギー人。1960年代から70年代に活躍したプロのロードレーサー。

その戦歴は驚異は驚異的だ。ツール・ド・フランス総合優勝5回、ジロ・デ・イタリア総合優勝5回、 ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝1回と、3つのグランツールすべてを制覇。
そのうち、1970・72・74年にはツールとジロの両方を制する「ダブルツール」を成し遂げている。

ツールにおけるステージ優勝は通算34勝にのぼり、マイヨジョーヌ着用日数96日、 1つのツールで8回のステージ優勝という記録は、今後も破られることはないだろうと言われている。

エディはグランツールだけでなく、ワンデイレースでも打倒不可能な存在だった。
また、メジャークラシックのミラノ~サンレモを7回、リエージュ~バストーニュ~リエージュを5回制し、 1シーズン54勝というシーズン最多勝記録も残した。

その他、世界選手権優勝3回、ワールドアワーレコード新記録樹立など、 ロードレースにおけるトップイベント全てで勝利をほしいままにし、現役通算525勝という偉業を成し遂げている。

“The Cannibal”と呼ばれた史上最強のレーサー

16年間の現役時代に通算525勝という、とてつもない記録を残した“史上最強のレーサー”エディ・メルクス。
そのあまりの強さから、カンニバル(The Cannibal=人食い鬼)と呼ばれていたことはあまりにも有名だ。

自転車ジャーナリズムに関わる人に「自転車競技史上最強の選手は誰?」と問うたならば、 10人中10人がすべて「エディ・メルクス」の名を挙げるだろう。
偉大なチャンピオンと讃えられる選手は多くいても、こと勝利数という点では、エディの右に出るものはいない。

エディのこだわったロードレーサー

現役時代、メルクスは機材にうるさい選手として有名であった。
名匠の造るフレームの数々を乗り潰し、カンパニョーロ社には特注のチタニウム製パーツを造らせた。

現役時代の終盤、エディのフレーム製作を一手に引き受けたウーゴ・デローザには、 実に年間50本以上のフレーム製作を依頼しているほどだ。
素材、重量、スケルトン(設計)など、ロードレーサーのあらゆることに一切妥協しない。
怪物にして繊細な神経を持つのがエディ・メルクスだった。

1978年に現役を引退後、エディ・メルクスは自らの経験を生かしたロードレーサーを創るために、ブリュッセル郊外に自社工房を興す。
自らはレースを降りても、そして、ベルギー王室から男爵の爵位を送られても、エディのロードレーサーへの探究心は変わっていなかった。

完璧主義者ともいえるエディのこだわりは、現在のエディ・メルクスのモノづくりにおいても最大限にフィードバックされている。
最高の素材を用い、エディの経験とノウハウを設計に反映させる。素材の選択から神経を尖らせ、絶対に妥協を許さない。
ベルギーのパヴェ(石畳)にも似た頑固さが、エディ・メルクスのフレーム哲学なのだ。

ページの一番上へスクロールする