In the Bikeへのこだわり

エディ・メルクスのフレームプロジェクトでは、ジオメトリーの検討からすべてが始まる。
それぞれの体格やライディングシーンに応じた『最適化』をテーマとして、
エディ・メルクス30年の歴史の中で培ってきた、最高のパフォーマンスを発揮するための『Merckxイムズ』を宿していく。

エディ・メルクスのフレームは、チェーンステーの長さ一つとっても、
効率のために量産化されていく現代にも関わらず、あえて統一することは無い。

すべては『In the Bike』。ロードバイクとライダーの一体化のため。
正に人馬一体のこだわりがエディ・メルクスたる所以である。

ライダーの体格、走りに応じた最適なジオメトリーを設計
走りのイメージに応じてチェーンステーの長さを調節
いずれのサイズでも最適なハンドリングを実現する
先細り構造のステアリングチューブ。
ページの一番上へスクロールする