velo TOZE ベロトーゼ

“velo TOZE”はカリフォルニア州ソノマ群でサイクリストグループの要望により生まれました。
彼らは雨や厳しい寒さの中でもライディングを楽しみ、 足元が濡れることがなく暖かい状態のままでライディングを終えることを望みました。
彼らは様々なシューズカバーを試し、ゼロから自分たちが納得するシューズカバーを作ることを決意しました。
そして彼らは全く新しいシューズカバーを生み出すことに成功しました。

Tallシューズカバーに新色”ブルー”登場!

取扱い開始以来、大好評をいただいております「Tallシューズカバー」に待望の新色が登場しました。これまでの7色に加え、全8色の豊富なカラーラインナップとなりました。「Tall」シューズカバーは防寒、防水の機能に優れており、 冷たい雨や雪の日のサイクリングや通勤をより快適なものとします。また、つま先から足首まですべてをカバーすることができるので、 優れたエアロ効果も発揮しプロレースでも使用されています。

  • サイズ S(37-40)、M(40.5-42.5)、L(43-46) ※EURO表記
  • ブラック

    ブラック

  • ホワイト

    ホワイト

  • レッド

    レッド

  • ピンク

    ピンク

  • オレンジ

    オレンジ

  • イエロー

    イエロー

  • グリーン

    グリーン

  • ブルー

    ブルー

  • イメージ
  • 価格 ¥ 2,750(税抜)

防水、防寒、防風性能に優れた”ヘルメットカバー”登場!

veloTozeヘルメットカバーは同社シューズカバーと同様に防水、防寒性能に優れており、雨の日や肌寒い日のサイクリングや通勤をより快適にします。(推奨使用気温:10℃~18℃)わずか45gと軽量で防水素材を使用しているため水分も吸収しません。着脱も容易でコンパクトに収納できるためジャージポケットやサドルバッグに収まります。

  • ブラック

    ブラック

  • レッド

    レッド

  • 価格 ¥ 3,300(税抜)
tall

シューズカバーの装着方法

  1. 靴下を履きます。
  2. シューズを履く前に靴下を履くようにシューズカバーを履きます。
  3. シューズカバーのクリート穴からつま先を通し、そのまま足首まで上げます。
  4. シューズを履きバックル等を締め、シューズカバーを踵、甲、つま先の順に下げていきます。
  5. ヒールパッド、クリート部にシューズカバーが被っていないことを確認してください。 この時シューズカバーが靴下よりも上に来るようにしてください。(防水のため)
ご注意
  • シューズカバーを履くときに爪をたてたり強く引っ張らないようにしてください。シューズカバーが切れる原因となります。
  • 必ず上記の手順で装着してください。破損の原因となります。
  • シリコン、天然ゴム(ラテックス)にアレルギー反応のある方は使用しないでください。
  • 破損を防ぐために鋭利な物との接触を避けてください。
  • 用途により数回の使用で切れてしまうことがあります。

クリーニング方法

  • 濡れた布等で汚れをふき取り、乾いた布で水分を拭き取ってください。
  • 干す際はハンガー等で陰干しし自然乾燥させてください。
  • 洗濯機、乾燥機を使用しないでください。
  • 直射日光のあたる場所には保管しないでください。
推奨
  • 使用後は素材同士の付着を防ぐため、内部にベビーパウダーを振っておくと次回履きやすくなります。
ページの一番上へスクロールする