大好きなご飯やおやつを健康状態でたくさんずっと食べてほしい!!

犬を飼い始めた時は口が臭いなーと思うこともなかったですが、わんちゃん歯が生えてくるときは歯がかゆいから色んなものをカジカジするよーと、
かかりつけの動物病院のお医者さんに言われていました。そのこともあり、最初は犬用のおもちゃをあげていました。その後も口の匂いはしばらく気になることはなかったのですが、ふと遊んでいる時に歯の根元に茶色の塊があることに気づき、もっとデンタルケアをしてあげなくちゃ!と思うようになりました。


どうしても犬はしゃべることが出来ないので、お腹が痛くても、頭が痛くても、お尻が痛くても、暑くても寒くても、飼い主がいち早く犬の状況をみて
普段とここが違うなと些細な変化に気づいてあげたいなと思いました。

虫歯ができても、犬はしゃべれないので気づいてあげられないし、大好きなご飯やおやつを歯の痛みのせいで楽しめなくなったらかわいそうだなーと思いました。


そもそも私達人間は、虫歯ができてしまったら専門医=歯医者さんへ行きますが、犬は虫歯ができても動物病院で治療することはできますが、
犬用の歯医者さんはないから、ちゃんと予防してあげよう!と思いました。


その後、ワンチャンのデンタルケアについて調べて、硬い物を意識的にあげたり、犬用のデンタルガムがあることが歯周病の予防につながるとわかりました。
市販の犬用のガムや、硬いハードタイプのドックフードを買ってあげるようになりました。犬用のガムにも、クロロフィル入りのガムや、カルシウム入りのものや、形も丸い物や星形、ギザギザのもの、味も私にはわかりませんが(笑)、ニンジン味やミルク味のものとたくさんの種類があって、犬自身も毎回おやつの時間には楽しみにしっぽを振って喜んでたくさん食べてくれました。私の飼っている犬は、よくドックフードに飽きてしまい、ごはんを残すことも多々あったため、犬用のガムもそのうち食べなくなってしまうかも。。という不安もありましたが、犬用ガムの種類がたくさんあることもあり、もう15年ほどたちますが、飽きずに毎日ちゃんと食べてくれています。


そこまで徹底していることもあるのか、動物病院に行くと病院の先生に「この年でここまで歯がきれいなのはめずらしいね~。すごい綺麗だよ~。」と言っていただきました!


ですがここまで注意を払っていてもどうしても犬には歯石がたまってしまうようで、月に1回動物病院へ通っていますが、気になるときは先生に歯石をとってもらいます。


その時は目でわかるくらいに歯石がとれて綺麗になっているので、月1くらいでちゃんとしたケアは必要なんだなーと思いました。